たんぽぽ茶とは

たんぽぽ茶とは、その名の通りにたんぽぽを原料にして作るお茶の事を言います。たんぽぽは春に黄色い花を咲かせる植物で、日本でも特に身近な植物の一つです。その姿を愛でる以外にも、健康に良いという事で昔から薬としても用いられてきました。日本のみならず、中国でも漢方の一種に数えられています。 たんぽぽが持つ効果はいくつかありますが、代表的なものとしては、一つ目に肝機能の促進があります。たんぽぽには胆汁の分泌を促す作用があるのです。これによって肝機能が促進されます。 二つ目の効果としては、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。たんぽぽにはイヌリンという多糖体が含まれています。これが体内に入ると水分を含んで膨らみ、腸の粘膜を包み込みます。これによって、糖質の吸収が緩やかになるのです。 他にも、利尿作用やホルモンバランスの調整等の効果が期待出来ます。

前述したように、たんぽぽ茶は健康にとって良い効果をいくつも持っています。そのため、出来るだけ積極的に摂取したい存在の一つだと言えます。 たんぽぽ茶は原料がたんぽぽなので、自分でたんぽぽを採取してきて作る事も可能です。たんぽぽ茶に使われるのは、たんぽぽの根や茎、葉の部分です。まずはこれらをよく乾燥させて、包丁等で細かく刻みます。次にコーヒー豆のように焙煎をして、水で煮詰めて完成します。 ただ、上記のように手間のかかる作業なので、効率を考えると市販の物を購入したほうが簡単です。現在はドラッグストアや通信販売等で、様々な種類のたんぽぽ茶が販売されています。それぞれの特徴をよく確認した上で、自分が続けやすい物を選ぶ事が大切です。

Copyright © 2015 野草酵素で健康的な身体を作る【光速で取り入れる酵素】. All Rights Reserved.