HOME>オススメ情報>猫の食欲不振は何が原因?病気が原因なら病院へ

猫の食欲不振は何が原因?病気が原因なら病院へ

犬と猫

病気が原因の場合もある

猫がご飯を食べないといった食欲不振を見せた場合、何かしらの病気を発症している危険性もあるので注意が必要です。食事の量が減ってしまう原因としては、消化器系の病気を発症しているケース、ウイルスなど感染症を引き起こしているケースなどが挙げられます。また、猫は口内炎を起こしやすい動物と言われており、食事をすると強い痛みが出てしまうため、食欲不振に陥るケースも少なくありません。ただの食欲不振と甘く考えていると、場合によっては猫の命も失ってしまう事もある「肝リピドーシス」という重篤な病気を引き起こす場合があります。肝リピドーシスは特に肥満の猫に起こりやすい病気で、肝機能障害を引き起こし食欲が無くなるだけでなく、吐き気も出るのが特徴です。「お腹がすけばまた食べるだろう」と、そのまま放置してしまうと命を失う危険性もあるので、ただの食欲不振を軽く考えないようにしましょう。

ネコ

どの時点で病院に相談するか見極める

もし、飼い猫が食欲不振に陥ってしまった場合、どのような症状が出た場合や、どの時点で動物病院に相談するのがベストなのでしょうか。体の小さい子猫の場合、食べないという事自体が命を失う危険性もあるため半日程度、食欲不振の状態が続いたら動物病院に相談する事をおすすめします。1歳以上の年齢であれば、動物病院を受診する目安として24時間、食欲が無い状態が続くというケースが挙げられますが、この時間は目安はあくまでです。食欲が無い状態に加え、ぐったりしている・吐き気がある・息が上がっている、下痢など他の症状も出ている場合はすぐさま動物病院を受診しましょう。また、体力が低下しているシニア期以降の高齢猫の場合も、目安となる時間関係なく食欲が無いと感じたら動物病院の受診を行う事をおすすめします。